価格の安さもあって普及|いろんなメリットがあるコピー機のリースを活用しよう

価格の安さもあって普及

トナー

メーカー純正トナーも増加

限りある資源を有効に活用する循環型社会の形成のために、プリンタのトナーに関してもリサイクルトナーの使用を推奨する動きが広がっています。大手のプリンティングソリューションであるokiに関してもこの流れは同様であり、oki社製品互換のリサイクルトナーが今後さらに増えると見られます。 またokiに関しては、メーカー自らがリサイクルトナーを製造販売していることもでも有名です。環境企業の1社として、okiは積極的にリデュース・リユース・リサイクルに取り組んでいるメーカーであり、主要な製品の一部にはリサイクルトナーと従来の使い捨て型のトナーの2つのタイプの製品が用意されています。 サードパーティ製のトナーの人気もあって、この先okiのリサイクルトナーはさらにラインナップが充実していくのは確実です。

純正品との相違点

近年利用者が増加しているリサイクルトナーは、メーカー純正のトナーとどういった相違点があるのでしょうか。世界的にも著名なプリンタメーカーであるokiの場合、その相違点はまず価格に現れています。 純正品とも呼ばれるoki自らが製造販売するトナーカートリッジは比較的高価です。それに対して、oki社の製品と互換を持つリサイクルトナーは純正品の50%から70%以上安い価格で売られています。 一方で互換性という面ではやはり純正品の方が優れており、トラブルも少ないという特徴があります。また保証面ではリサイクルトナーの場合は、販売店や製造業者ごとに保障内容が違っています。印刷可能枚数はどちらのトナーもほぼ同じですが、oki社製品互換のリサイクルトナーの場合、印刷可能枚数を大幅に増やした独自の大容量タイプも存在します。